働き方改革コラム

2019.11.14

「OAフロア」でオフィスの景観と安全性を劇的に改善!

「OAフロア」でオフィスの景観と安全性を劇的に改善!

 

オフィスに欠かせないパソコンや複合機、ルーターなどの電気機器。

業務の効率化にたくさんのケーブルが景観を損ねてしまいます。

オフィスの機能性を保ちつつ、見た目をすっきり改善するために、OAフロアがオススメです。

 
 

配線ケーブルがごちゃごちゃ

弊社もオフィスを改装する前は配線ケーブルが散乱していました。
こんなデメリットがあります。

●デスクの周辺に配線ケーブルが散乱して見栄えが悪い

デスクにはパソコンや電話、LANケーブルなど配線ケーブルが集中しています。
机の上を綺麗にしていても、デスクの下や周辺はケーブルだらけで汚い、ホコリがたまってしまうということも。
 

●ケーブルが絡まって配置換えが大変

ケーブルが増えると線と線が絡まってしまい、どの線が何に繋がっているのかわからなくなります。
席替えや配置換えを行いたい時、ケーブルの処理で苦労します。
 

●躓いて怪我をしてしまう可能性がある

ケーブルに躓いて怪我をしてしまう可能性もあります。
毎日通うオフィスだからこそ、安全な環境を整えたいですね。

●足をひっかけて大切なデータが消失する危険も

足や椅子をひっかけて、ケーブルが機械から外れたり断線したりする可能性も。
大切なデータが消えてしまう危険もあります。

 

以前はデスクの下でケーブルが散乱していました。

伊藤

見映えも良くないし、怪我やデータ消失の危険性もあるので改善が必要ですね。

社長

課題を解決するために、オフィス改装時に「OAフロア」にしました。

 

OAフロアとは?

床下に空間を作り、床を二重化したフロアのことです。「フリーアクセスフロア」とも呼ばれます。

床下空間にケーブルを収納し、オフィスの安全性や景観を改善します。
現状の床上からOAフロアに施工することも出来るので、ご興味のある方はご相談ください。

浅間商事では樹脂製の置き敷きタイプを使用しています。
軽量で施工もスピーディーに仕上げることが出来ます。

 

すっきり美しく機能的なオフィスに

OAフロアに改装したことでこのようなメリットがありました。


●床下収納ですっきり。歩きやすく安全なオフィスに

配線ケーブルは床下に収納されるので、見栄えも良く安全なオフィスに生まれ変わりました。
ケーブルがないだけでとてもすっきりして見えます。

 
●ケーブル断線予防にも効果的

足で踏んでしまう、椅子のローラーで轢いてしまうなど、ケーブルが傷つくことがありません。
ケーブルの断線予防になります。
怪我をしたり、データを失うという危険性もなくなりました。
 

●レイアウト変更も簡単

レイアウト変更や機器増設の際の配線メンテナンスも安全に行えるようになり、
より快適なオフィス環境を構築することができます。

 

浅間商事のOAフロア

左:床下に通した配線  右:床材を敷いた様子

以前はケーブルに躓くこともあったのですが、その心配がなくなりました。

伊藤

ケーブルが無くなって掃除しやすくなりました。見た目もすっきり綺麗になって気分が良いです。

 

OAフロアの魅力は伝わったでしょうか?
「床の改装」と聞くと大掛かりなイメージがありますが、弊社が使用した素材は樹脂で軽く、施工期間も短く済みました。
オフィスの景観と安全性を一気に改善できるOAフロア、ご興味を持っていただければ幸いです。

 

その他ご興味のある経営課題をクリックしてください。解決策が見つかります。

売上UP
ICT活用
コスト削減
コミュニケーションUP
セキュリティ対策
顧客満足度UP
人財採用・定着
人財育成・評価
働きやすい環境
社員満足