働き方改革コラム

2019.11.19

働き方改革を簡単にスタートできるOffice365徹底活用~OneDrive編~

働き方改革を簡単にスタートできるOffice365徹底活用~OneDrive編~

 

Windows7のサポート終了期限が来年1月14日に迫り、多くの企業様がWindows10を搭載したパソコンに入替を進めています。
その一環でOffice365(オフィスサンロクゴ)の利用を開始した企業も多くなってきました。

 

Office365とは?

Office365とは、Microsoftが提供しているクラウドサービスです。

Office365には、常に最新にバージョンアップされるWordやExcel、PowerPointといった通常のOfficeソフトのほかに、OneDrive(ワンドライブ)やTeams(チームズ)といったクラウドサービスが付いています。
この2つが働き方改革にぴったりな、とても便利なサービスなので、2回に分けてご紹介したいと思います。使い方も簡単です。

今回はOneDriveをご紹介します。

 

データを自動でバックアップ!安心のオンラインストレージ

OneDriveは、パソコンに入っているデータを、マイクロソフトが管理しているデータセンターにバックアップしてくれるサービスです。このデータセンターは非常に安心な設計なので、データがなくなってしまう可能性が低くなります。

パソコンが壊れてしまった際も、新しいパソコンからOneDriveを使えば元のパソコンと同じデータを使うことができます。
もしもオフィスが津波や洪水に見舞われても、データは残っているのでBCP対策にもなります。

また、1日に1回などではなく、常に自動でバックアップしてくれるので安心です。
パソコンの故障とバックアップのタイミングが合わず、1日分の作業が無駄になってしまった、ということもありません。

 

 

 

 

複数のデバイスからデータにアクセス

OneDriveに入っているデータは、会社の自分のパソコンからだけでなく、外出用のパソコンや、自宅のパソコン、スマートフォンからでもデバイスを問わずいつでもどこでも使うことができます。

重いパソコンを持ち歩かなくて済むように、会社では画面の大きいデスクトップパソコン、外出時は軽量モバイルパソコン、自宅のパソコンと3つのパソコンを使い分けている方も多くいらっしゃいます。私も休日や夜間に自宅で仕事をしたい時にOneDriveを利用していますが、とても便利です。
また、弊社の社員もモバイルパソコンを持ってお客様先を訪問しています。OneDriveがあるので、あの資料を持ってくるのを忘れてしまった!ということもありません。

もちろん、パスワードが設定されていますので、パスワードを知らない自分以外の人は中のデータを見ることはできません。

Office365のOnedriveには1TB(テラバイト)の容量が付いています。
多くのパソコンのハードディスク容量は500GB~1TBなので、パソコンのデータを全てバックアップするのに十分な容量があります。

 

 

 



便利なOneDrive。皆さんがすでに導入されているOffice365に無料で付いています。
初期設定や使い方がご不明な方は浅間商事担当者にご相談ください。

 

参考:Microsoft


 

その他ご興味のある経営課題をクリックしてください。解決策が見つかります。

売上UP
ICT活用
コスト削減
コミュニケーションUP
セキュリティ対策
顧客満足度UP
人財採用・定着
人財育成・評価
働きやすい環境
社員満足